1. TOP
  2. 主な医療機器

主な医療機器

主な手術機器

第1手術室
手術顕微鏡
VISU210 [カールツァイス社]
一世代前の最上位機種ではあるが、立体感に優れておりいまだに支持層は多い。
一説にはLumera700よりも良いとの高評価も!
前眼部手術から後眼部手術まで対応可能。
超音波白内障手術装置
センチュリオンビジョンシステム [アルコン社]
インフィニティの後継機種で、手術の安全性と手術効率が更に高まりました。
超音波白内障手術装置
インフィニティ ビジョン システム [アルコン社]
小切開での手術に対応しており、非常に小さい傷口から手術を行うことができます。
白内障を効率良く、安全に、吸引・除去できる器械です。

第2手術室
手術顕微鏡
Lumera700(リサイト付き) [カールツァイス社]
現在の眼科顕微鏡の中で最上位機種
前眼部手術から後眼部手術まで対応可能
硝子体手術装置
コンステレーション ビジョン システム [アルコン社]
白内障・硝子体手術、レーザー手術等の機能がオールインワンになった最先端の器械です。
7500回転/分の硝子体カッターで、合併症の少ない硝子体手術を効率良く行うことができます。
硝子体手術装置
アキュラス [アルコン社]
白内障・硝子体の同時手術が可能な器械です。
23ゲージや25ゲージの小切開硝子体手術に対応しており、低侵襲な手術を行うことができます。

主な検査機器

超広角走査検眼鏡
(無散瞳眼底カメラ)
オプトス200Tx [オプトス社]
散瞳せず(無散瞳)に眼底の80%以上が撮影可能です。
これは通常の無散瞳カメラの15倍の範囲をカバーできます。
後眼部SS-OCT
SS-OCT PLEX エリート 9000 [カールツァイス社]
最大の特徴は、造影剤を使わずに血液の流れを撮影することができます。
造影剤は、患者さんによっては副作用があり、また腎不全や妊娠中は禁忌とされていました。このOCTは造影剤を使わずに撮影が行えるため、患者さんの負担なく詳細で鮮明な血管画像が得られます。
よって安全で安心して検査に臨めます。
蛍光眼底撮影機器+OCT
スペクトラリス HRA+OCT [ハイデルベルグ社]
網膜だけでなく脈絡膜の状態までも撮影できるため、様々な黄斑疾患の確定診断に必要不可欠です。
後眼部OCT
RS Advace 3000 [ニデック社]
従来のOCTより『速く』『広く』『鮮明に』網膜の断層を撮影できます。
神経線維のダメージを広範囲に詳しく測定できるため、緑内障の早期発見や進行状態の把握に有効です。
前眼部OCT
CASIA [トーメイ社]
角膜、隅角、虹彩の断面を撮影できる唯一の機械です。
緑内障手術後、房水の流出状態も確認できます。
角膜形状解析装置
PR-8000 [サンコンタクトレンズ社]
円錐角膜や角膜乱視が強い眼には通常のハードコンタクトでは対応できない場合があります。その際に作成するオーダーメイドコンタクトレンズのデータ収集として必要です。
また角膜移植後や翼状片手術前・術後において、角膜の状態を把握するためにも必要です。
前眼部形状測定装置
TMS-5 [トーメイ社]
通常は角膜の前面しか測定できませんが、TMS-5は角膜の前面と後面の撮影が可能なため、より詳しい角膜形状が把握できます。
超音波画像診断装置
(UBM付)
[トーメイ社]
前眼部から後眼部まで鮮明な超音波画像が得られます。
UBMを装着することで隅角だけでなく毛様体の状態も詳しく把握できます。
多局所網膜電位図
ベリス [メイヨー社]
急性帯状潜在性外側網膜症(アズール)、オカルト黄斑変性(三宅病)の確定診断に有効です。
網膜電位計
(ポータブルタイプ)
レチバル [メイヨー社]
通常、網膜電位図の測定は、散瞳した眼に電極を装着したコンタクトレンズを着け、暗室の中で長時間に渡り測定を行います。しかしこのレチバルは、明るい部屋の中で散瞳もせず、眼の下に電極を貼る(皮膚電極) だけで短時間に測定ができます。

診察のご案内

午前
8:30~12:00
午後
2:30~6:00
    (土曜 5:00)
休診日
日曜日・年末年始
(12月31日~1月2日)

※診療時間など、変更になっている場合があるため、診察スケジュールをご確認ください。

▲ PageTOP