1. TOP
  2. 手術、治療について
  3. 斜視・弱視

手術、治療について

斜視・弱視

斜視

斜視とは

右目と左目の方向が病的にずれていることを斜視といいます。つまり、片目はまっすぐむいていても、もう一方の目が「違う方向」を見ていることです。
これは眼位ずれともいいます。

斜視の原因

乳児~小児期に見つかる斜視の多くは原因不明です。そのなかに、屈折異常(遠視、近視、乱視などを目の屈折異常と呼び、めがねで矯正します)や、調節機能(目のピント合わせの機能のことです)の働き過ぎで起こる斜視があることは古くから知られています。これらはまとめて共同性斜視とよばれます。遺伝性については研究されている段階です。その一方で、頭のけがや脳の病気、外眼筋(目を動かす筋肉のことです)の病気が原因で起こる麻痺性斜視は、どの年代にでも発生します。

つまり、子どもの斜視の多くは共同性斜視で、大人に見つかる斜視の多くは麻痺性斜視です。

斜視がなくても斜視のように見えることがあります。これは偽斜視とよばれ治療不要ですが、まぎらわしいときには診察を受けてください。

斜視の種類

図1目のずれる方向によって内斜視、外斜視、上斜視(下斜視)、回旋斜視に分類されます(図1)

内斜視で多いのは、乳児内斜視や調節性内斜視と呼ばれるタイプです。

外斜視で多いのは、ぼんやりしているときにだけ目がずれる間欠性外斜視と呼ばれるタイプです(図2)

横目をしたときにだけ目がずれ上がる下斜筋過動をともなっている斜視もあります(図3)

図2

図3

子どもの斜視は両親が最初に気づくことが多いのですが、学校検診で初めて見つかることもあります。100人の児童のうちのおよそ2~5人に斜視が見つかります。経過観察だけでよいこともあれば、治療が必要なこともあり、程度はさまざまです。

斜視の症状
  • 眼位ずれ:斜視の程度は、ずれの幅とずれの現れる頻度とで表されます。ずれる頻度が高い場合は早めの治療が望ましいです。
  • 複視:ものが二重に見えることを複視といいます。共同性斜視では複視がないことがほとんどです。一方、麻痺性斜視ではたいてい複視を自覚します。
  • まぶしがり・片目つむり:屋外に出るとまぶしそうにしたり、片目をつむったりします。
斜視の検査

眼位検査では正面だけでなく、いろんな方向を見たときの目のずれを調べます。
視力、屈折、両眼視機能、眼底検査も行います。

斜視の治療

斜視治療の目的は大きく分けて2つあります。1つは容姿をととのえる「整容」であり、もう1つは視力や両眼視機能などを改善させる「視機能向上」です。どちらか1つのみが目的であっても治療は受けられます。次のような治療法があります。

  • 屈折矯正(めがね):遠視、近視、乱視をともなった斜視患者さんにはめがねをかけていただきます。とくに遠視にともなって起こる内斜視はめがねを掛けると斜視が軽くなることがあります。
  • プリズム装用:光を一定方向に曲げる作用のある、プリズムと呼ばれる樹脂でできた膜をめがねに取り付けます。斜視そのものを治す治療法ではありませんが、両眼視機能の獲得をめざして用います。
  • 訓練療法:麻痺性斜視に対して行います。
  • ボツリヌス注射:外眼筋にボトックスを注射します。当院でも実施に向けて準備中です。
  • 手術:目のまわりに付いている筋肉(外眼筋)を調整して、目のずれを治します。この斜視手術は通常30分~1時間半ほどで終わります。乳児内斜視は早めにプリズムを装用するか手術を受けます。一方、間欠性外斜視は小学生頃に手術を受ける方が多いです。
    なお、当院では全身麻酔での斜視手術は行っていませんが、ご希望であれば斜視専門外来のある病院へ紹介いたします。手術後の経過観察は当院で受けられます。
斜視治療の予後

治療で斜視は改善しますが、少し斜視が残ったり、多少の過矯正となる可能性があります。

ずれが戻る斜視再発も通常起こり得ることです。つまり、一度の手術で目的が達せられない場合もあります。

よって2回、3回の手術が必要なことがあります。ただ、完全な治療結果を求め続けて再手術を繰り返すのは、子どもの心に負担をかけることにもなりかねません。むしろ、目のずれのために仕事や日常生活、普通車の運転に支障が出ることはほとんどありませんので、完璧を目指さないようにしましょう。

弱視

弱視とは

斜視や屈折異常があったり、視覚の発達期にちゃんと物を見る機会がなかったために、片眼または両眼に視機能の低下が生じることを弱視といいます。

弱視の原因と種類

視力や両眼視機能の発達には、乳幼児期の中でもとくに感受性の高い期間に視覚刺激(ここでは、明瞭に物を見ることをいいます)を受けることが欠かせません。この期間を視覚感受性期間といいます。成人になってもある程度の感受性は残るといわれています。

このため、視力はおよそ8歳ころまでに、両眼視機能(※奥行き知覚の要因のひとつ)は2歳頃までに視覚刺激を受けないと、これらの機能が発達せず、弱視になるといわれています。弱視の種類には斜視弱視、視性刺激遮断弱視、不同視弱視、屈折異常弱視があります。その原因として、斜視、先天白内障、屈折の左右差、両眼の屈折異常などがあります。

※奥行き知覚とは:両眼視差、運動視差、重なり、きめの細かさ、陰影、大きさ、身体の運動と皮膚感覚などの要因を手がかりにして、遠近を感じとっています。斜視や弱視ではこのうち両眼視差を感じることができないために、両眼視機能がなかったり低下したりしています。ただ、たとえ両眼視機能がなくても、その他の要因を手がかりにして奥行きを把握できるため、日常生活に支障を来たすことはほとんどありません。ちなみに、普通車の運転免許証は両眼視機能がなくても取得できます。

弱視の症状

視力は片眼または両眼ともに低く、両眼視機能も低い状態となっています。ただ、子どもがこれらを自分で訴えることはほとんどありません。見えにくそうな様子で親が気づくことがありますが、幼いために検査が充分にできないときは、何度も再検査をします。

弱視の検査

視力検査、両眼視機能検査、眼底検査などを行います。また、視力が出ないために弱視のようみえる他の疾患、たとえば緑内障、視神経低形成、黄斑低形成などの有無も調べます。これに先立って問診では育成状況、目の病気の有無、見えにくそうにしているかなどを尋ねます。

弱視の治療

図1

屈折異常(遠視・近視・乱視など)があるときはめがねをかけます。それでも視力が向上しないときは、良く見えるほうの目をアイパッチで1日に2~12時間遮閉し、弱視の目を積極的に働かせます(図1)

アトロピンという目薬をアイパッチの代わりに用いることもあります。感受性期間を過ぎると治療効果は下がりますので、見つけしだい治療を始めることが大切です。なお、先天白内障の場合はまず白内障の手術を行った後に弱視治療をします。

弱視の予後

治療をすれば6~8歳までに矯正視力が回復することが多いです。ただ、裸眼視力は低いままのことが少なくありませんが、これは屈折異常のためですので引き続きめがねをかけてください。屈折異常が強かったり難治性の弱視では矯正視力は0.5未満に留まることもあります。

診察のご案内

午前
8:30~12:00
午後
2:30~6:00
    (土曜 5:00)
休診日
日曜日・年末年始
(12月31日~1月2日)

※診療時間など、変更になっている場合があるため、診察スケジュールをご確認ください。

▲ PageTOP