1. TOP
  2. 専門外来
  3. 角膜専門外来

専門外来

角膜専門外来

角結膜

診療日
第2,3,4,5月曜 午前/水曜午前・午後/木曜午前
担当医
院長:宇野 敏彦(うの としひこ)
診療日
月曜、木曜 午前・午後/水曜 午前/金曜午後
担当医
眼科医師:坂根 由梨(さかね ゆり)
診療日
水曜の月2回(詳しくは窓口まで)
担当医
医師:愛媛大学医師

※診療時間や担当医師の不在、変更がある場合がございます。休診情報ページでご確認ください。

角膜(黒目)はカメラに例えるとレンズの役割を果たし、視力にとって大変重要な部分です。また角膜およびその周りの結膜(白目)はデリケートな粘膜組織でありながら外界に直接接する部分でもあります。花粉症などに代表されるアレルギー、異物の飛入や外傷などを契機とした感染症も起こしやすい所です。コンタクトレンズは角膜の上にのせるものであり、角膜にキズを作ったり、場合によっては感染症を起こし、ひどい場合には失明に至ることもあります。

当院では角結膜の診療に必要とされる最新の診療機器を備え、大学病院における角膜専門外来と同等の診療を提供すべく努力をしております。もっとも重篤な角膜感染症においてもこれまでの経験をいかし、ベストの治療を心がけております。

角結膜における手術も積極的に行っています。代表的なものとして角膜移植と翼状片手術が挙げられますが、安全第一をモットーに、視力を可能な限り回復させるため、かつ美しい外観を得られるよう、全力で取り組んでおります。(詳細は「手術・治療について」をご覧ください)

診察のご案内

午前
8:30~12:00
午後
2:30~6:00
    (土曜 5:00)
休診日
日曜日・年末年始
(12月31日~1月2日)

※診療時間など、変更になっている場合があるため、診察スケジュールをご確認ください。

▲ PageTOP